読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すぐ すぴー (˘ω˘)

僕はりんごをかじる 彼女は鼻をかむ

ccg2lambdaインストール for mac

ccg2lambdaとは

頑健なCCGパーザと高階論理に基づく自動推論を組み合わせた含意関係認識システム

です.つまり,論理に基づいて日本語・英語の意味解析ができるシステムです.

homebrew,pyenv,pipはインストール済みとします.

インストール作業
GitHub - mynlp/ccg2lambda
書いて有ること殆どですが,macにインストールする際
躓いたのでどなたかの参考になれば幸いです.

まずライブラリのインストールから始まります.
python3でないと動きません.

git clone https://github.com/mynlp/ccg2lambda.git
pip install lxml simplejson pyyaml -I nltk==3.0.5
python -c "import nltk; nltk.download('wordnet')"

テストを行います.ccg2lambdaディレクトリ以下がpython3で
実行されることを確認してください(pyenv localなどで)

cd ccg2lambda/
python scripts/run_tests.py

定理証明支援言語のCoqを入れます.

brew install coq

ライブラリのコンパイル

coqc coqlib.v

C&Cパーサーをインストールします.英語用のパーサーです.
このサイトから
C&C Parser Downloads
赤まる2つをダウンロードし,
f:id:sugspi:20170429084248p:plain
展開してください.candc-1.00は
ccg2lambda/candc-100に移動させたとします
また,model は ccg2lambda/candc-1.00/model に移動させてください.

echo "../candc-1.00/" > en/candc_location.txt
echo "candc-1.00/" > candc_location.txt 

ふたつめ必要ないかも...


日本語のパーサーは簡単です

./ja/download_dependencies.sh

テストします
judgeにyes or no がでれば成功です

./en/rte_en.sh en/sample_en.txt en/semantic_templates_en_emnlp2015.yaml

./ja/rte_ja.sh ja/sample_ja.txt ja/semantic_templates_ja_emnlp2016.yaml


(次回,具体的な使い方を書きます)